司法書士試験の傾向を分析して合格を目指そう

司法書士試験の受験対策の立て方

司法書士試験は、様々な法律関係の国家試験の中でも、合格率がとても低いことで知られ、合格まで数年以上の時間が掛かる人も多くいます。特に、択一式の問題に関しては、合格基準点が高めに設定されており、各分野で効率よく点数を取るにあたり、合格実績の良い予備校に通うことが有効です。最近では、受験対策に定評のある予備校の司法書士の対策講座のカリキュラムに関して、様々な情報誌などで紹介されることがありますが、授業料の相場や講師の質の高さなどにこだわりながら、通学先を選ぶことがおすすめです。特に、司法書士試験の共通問題の民法や商法、刑法などの基本となる法律に関しては、弁護士や司法書士の資格を修する講師から指導を受けることがポイントです。

司法書士試験の合格率を上げる勉強法

司法書士試験は、筆記試験と面接試験がありますが、合格者数の少ない筆記試験の対策を万全に行うことがポイントです。特に、受験生の多くが苦手とする分野に関しては、法律関係の情報サイトなどで取り上げられることもあり、受験勉強を始めるにあたり、各自の法律に関する知識に応じた対策を立てることがコツです。例えば、書店で販売されてる司法書士試験のテキストの中でも、大手の予備校の講師が監修したものに関しては、教材としての質が高いこともあり、ある程度の法律の知識がある人は、十分に基本書として活用することができます。最近では、司法書士試験の通信講座が扱われている予備校も増えており、社会人であっても、効率よく学習に取り組むことができます。

司法書士と言うと名前だけでかなり難しそうですが、司法書士の試験は学年に一人はいるがり勉君が沢山集まって、そのうちの数名しか合格できません。

資格の勉強を行う際は続けるための方法を検討すべき

資格の勉強期間は難易度によって異なる

取得する資格の種類によって必要な勉強期間は異なっています。難易度が低ければ数日や1週間、1か月程度でも集中すれば取得することは可能です。しかし、難易度が高くなる毎に勉強量が求められるため、まずは資格を取得するために必要とされている標準的な勉強時間を知るべきです。そうすれば目安がわかっている分、スケジュールを立てやすくなります。ただし、個人によって理解力に違いがあるため、立てたスケジュールは定期的に見直しを行うと良いです。その際、良いペースで勉強が進んでいれば、スケジュールの日程を緩めることは問題無いです。しかし、ペースが遅れているのであれば、予定していたスケジュールの内容を厳しい内容に変更しなければなりません。

勉強方法を考える上で重要な継続性

資格の勉強はスケジュールを立てることに加え、継続するための方法を検討することが大切です。時間をかけて丁寧にスケジュールを立てたとしても、それを実行できなければ意味のないものになってしまうからです。勉強を継続するコツは資格を取得するメリットを調べること、取得に成功した場合、自分にご褒美を設定することです。資格の取得は就職や転職、昇格や昇給など様々なメリットがあります。そのため、人生を良い方向で変えられる可能性が高いと考えれば、勉強のモチベーションを維持しやすいです。また、自分へのご褒美を設定することもモチベーションになります。趣味に時間を費やしたり、好きな物を食べたりなどご褒美の内容はたくさんあります。

これから社会保険労務士を目指している人ならば、しっかりと勉強できる環境をまずは整えましょう。社労士の講座は全国各地で行われています。インターネットで調べるなり、問い合わせても損はありません。

初心者必見!簡単にイラストを完成させるコツ

まずは簡単な形からスタートする

手紙のスペースに、手帳のちょっとした空白に。手軽に描けると嬉しいのがイラストです。しかし絵を描くのはどうしても苦手、という人も多いはず。そこで今回はそんな人でも分かる簡単なイラストの描き方を紹介します。

まずいきなり難しいものを描こうとしないこと。イラストは丸や三角といった単純な形を組み合わせるだけで描けるのです。むしろシンプルな線で描いたイラストはアイコン的な可愛さがあります。

基本の丸からスタートしてみましょう。丸を組み合わせて花を作り、楕円で葉っぱを、線で茎をかけばそれだけで花束が描けます。

人間の顔を描きたいというときも、丸が便利。最初に丸を描いて、その中に目や口、髪といったパーツを描きこんでいきましょう。バランスを取る必要もないので簡単です。

上達してきたら「ちょい足し」

丸や三角、四角を使ったイラストに慣れてきたら、そこにちょっと足して描くものの幅を広げていきましょう。

おすすめなのは動物のイラストです。丸に長い耳を2本付ければウサギになりますし、丸い耳を付ければクマになります。目元と耳を塗りつぶせばそれだけでパンダに。同じ要領で四角は犬や牛、三角はキツネやキリンにすることができます。慣れてきたら体も描いてみましょう。頭と体のバランスを取るのが最初は難しいですが、動物ごとの体型の違いを意識しつつトライしてみてください。

どうしてもうまくいかない、描きたいものが分からないときは、絵描き歌に頼ってみるのもおすすめです。1つ2つ覚えておけば、出先でお手本がなくても簡単にイラストを描くことができます。

イラストを上手に描きたいと望んでいるならば、本格的に学びましょう。イラストの講座なら基礎や実力を身につけることができますので最適です。通信教育も講座を開いていますからおすすめです。