司法書士試験の傾向を分析して合格を目指そう

司法書士試験の受験対策の立て方

司法書士試験は、様々な法律関係の国家試験の中でも、合格率がとても低いことで知られ、合格まで数年以上の時間が掛かる人も多くいます。特に、択一式の問題に関しては、合格基準点が高めに設定されており、各分野で効率よく点数を取るにあたり、合格実績の良い予備校に通うことが有効です。最近では、受験対策に定評のある予備校の司法書士の対策講座のカリキュラムに関して、様々な情報誌などで紹介されることがありますが、授業料の相場や講師の質の高さなどにこだわりながら、通学先を選ぶことがおすすめです。特に、司法書士試験の共通問題の民法や商法、刑法などの基本となる法律に関しては、弁護士や司法書士の資格を修する講師から指導を受けることがポイントです。

司法書士試験の合格率を上げる勉強法

司法書士試験は、筆記試験と面接試験がありますが、合格者数の少ない筆記試験の対策を万全に行うことがポイントです。特に、受験生の多くが苦手とする分野に関しては、法律関係の情報サイトなどで取り上げられることもあり、受験勉強を始めるにあたり、各自の法律に関する知識に応じた対策を立てることがコツです。例えば、書店で販売されてる司法書士試験のテキストの中でも、大手の予備校の講師が監修したものに関しては、教材としての質が高いこともあり、ある程度の法律の知識がある人は、十分に基本書として活用することができます。最近では、司法書士試験の通信講座が扱われている予備校も増えており、社会人であっても、効率よく学習に取り組むことができます。

司法書士と言うと名前だけでかなり難しそうですが、司法書士の試験は学年に一人はいるがり勉君が沢山集まって、そのうちの数名しか合格できません。