いきなり新書を買うな!お金を掛けなくても合格できるのが行政書士試験の醍醐味

行政書士試験は法律の登竜門的な存在

官公署に提出する書類を依頼人に代わって記すのが行政書士、弁護士や司法書士と同様に行政書士は法律家と呼ばれています。法治国家の日本において、法律を修得することは様々な分野で活かすことなり、法律を学べる環境が最も整っているのは行政書士資格です。同じ法律家でも弁護士と司法書士になるには、難関大学の法学部を優秀な成績で卒業できる位でなくてはならず、優秀な方でも1回の受験で合格が困窮なのが司法試験や司法書士試験です。一方、行政書士試験は法律の登竜門的な存在、法学部を出ていなくても、一から独学で法律を学び合格することは可能です。法律の参考書や行政書士試験の過去問題集は、定価は高いですが、中古本になると一気に値が下がるため、本を購入する場合は中古本屋を先に、それでもない場合に限り本屋で新書を購入しましょう。法律は度々改正が行われますが、行政書士試験に出題される法律は王道、つまり改正され難い法律が出題されるため、中古本でも対応できます。

無料サイトでも合格可能

行政書士試験に挑むのは毎年約6万人、試験の範囲は宅建試験や公務員試験と重複している部分が多いため、それらの受験生も行政書士の参考書などを利用しています。高い教材を使わなくても、ネットが普及している今日では無料で試験勉強することは可能です。受験生に人気の行政書士試験、ネットでは過去問やその説明などが詳しくしかも無料で利用が可能、サイトによっては法律の改正にも対応しています。行政書士試験に役立つサイトは、元受験生が携わったものが多く中には不確実なこともあるため、これら無料のサイトを利用する時は他のサイトとの比較が重要、比較をすることで知識は高められます。

行政書士の試験は、過去問を含めてしっかりと勉強しておくなど、事前の準備を怠らないことで、当日は落ち着いて試験に臨めます。