色々な場面で役立つファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリット

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することで、保険会社や金融機関、不動産会社などに就職をする際に有利に働くことがあります。また、こうした業種の企業の中には、昇進や昇格の基準として、ファイナンシャルプランナーの資格取得を義務付けているところもあり、働きながら勉強に励んでいる人も増えています。また、ファイナンシャルプランナーの資格試験の範囲には、ライフプランニングやリスクマネジメント、社会保険に関する項目が含まれているため、日常生活でも大きな役に立ちます。なお、一般企業の中でも、社員研修の一環としてファイナンシャルプランナーの資格取得に向けたレクチャーが行われることがあり、業種にかかわらず多くのビジネスマンの間でも需要が高まっています。

ファイナンシャルプランナーの試験勉強

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するためには、国家試験の合格が必要となるため、各級の試験範囲に応じた対策を立てることが大切です。特に、年金や税金、不動産投資に関する分野は、苦手とする受験者が多いことで知られ、通信講座を利用したり、予備校に通ったりする人も少なくありません。最近では、書店などでファイナンシャルプランナーの国家試験に関するテキストや問題集などが販売されており、知識がない人であっても、無理なく勉強できるようになっています。ファイナンシャルプランナーの資格の必要性に関しては、年齢や職業によりますが、将来的にスキルアップや就職などに役立てたい時には、有資格者の講師から受験指導を受けることが効果的です。

ファイナンシャルプランナーの講座を選ぶ際には、担当の講師の経歴や各自の人生設計についてしっかりと確認することが大切です。