効率アップ!エクセル技術の本当の活用法とは?

エクセル技術の現状とは

エクセルは、今では、ほとんどの企業で幅広く活用されているソフトの一つです。

しかし反面、エクセルを自由自在に使いこなせる技術の持ち主は、まだまだ少ないと言えます。

初心者と中級者以上との違いとは

例えば、企業の求人においてエクセルを使えますかとの問いに、即座に使えますと答える人は、ほとんどの人が初心者の人と言えます。中級以上のレベルの人は、同じ質問をされたら、具体的に自分が使える技術を伝える事ができます。つまり、初心者は、エクセルの機能を周知していないため、基本的な事ができれば使えると勘違いしてしまいがちなのです。まずは、エクセルで何ができるかを理解する事が重要です。

エクセル技術のレベルの三段階とは

そこで、エクセルの技術レベルを初級、中級、上級の三段階に分けると、初級は、表作成、編集、基本的な関数、計算機能、簡単なグラフなど、見積書や請求書などが効率よく作成する事ができます。中級になれば、関数を幅広く使いこなせ、データーベースでデータの整理や抽出など、ワンランク上の効率を目指す事ができます。上級になれば、マクロの技術を生かし、自動集計、自動転記、膨大なデータを短時間で処理する事が可能になります。

どこまで技術習得が必要なのか

確かに技術が高ければ高いほど幅広い活用は見込めますが、上級までの技術を習得するには、ハードルもとても高くなります。逆に、簡単な見積書や請求書を作成する位であれば沢山の関数は必要ないし、データベースの知識もそれ程重要ではないでしょう。

技術の本当の活用法とは

エクセル技術の本当の活用法とは、仕事の効率化に役に立つエクセル機能を習得する事です。つまり、無理して上級まで習得するより、仕事の内容によって、三段階レベルを基準にしっかり習得する事が大切です。

CADのスクールに通う事によって、専門的な知識とスキルを身に付けられますので、就職をするために必要な能力を身に付けられます。