少ない元手で大きく儲けたいなら株式の信用取引

元手を何倍にも増やして投資ができる信用取引

株式の信用取引とは、預けたお金と購入した株式を担保にしてお金を借りて、株式を購入することです。お金を借りることで、元手を超える金額の株式を手にすることができます。一方で購入した株が値下がりした場合には追加の担保を入れることが求められたり、元手以上の損が発生することもあります。証券会社に信用取引口座を解説することで利用ができるようになります。

ハイリスク、ハイリターンな取引ですので、リスクをとってでも積極的に株式投資をしたい人に向いています。

証券会社によっては、信用売り(空売り)ができるところもあるので、株価が下落する断面でも利益を出すことができます。株主優待については受けられないのが基本となりますので、優待目当ての場合には向いていません。

積極的な投資で利益を出す

信用取引は証券会社からお金を借りているので利息が発生します。積極的な運用で利息を超える利益を出さなけば、損したことになります。損をしないためには、攻めの投資をして利益を得ていく必要があります。元手の何倍もの株式を動かすことができるので、たくさん購入していれば値上がりした場合に大きな利益が出ます。株価上昇局面で信用取引をすれば、普通に元手分購入するよりもはるかに大きな利益を手にすることができます。

クロス売りで株主優待をゲットする

信用取引の変則技として、株を現物を購入し同時に優待決定日以降の日付で信用売りを行い、株主優待の決定時の短期間のみ実際に株式を持つクロス売りが流行しています。株価変動なしで株主優待だけを手にするができます。手数料や株を借りてくるのにかかる逆日歩という費用がかかるのが難点ですが、わずかな費用で株主優待を手にすることができます。

信用取引では、少ない資金で大きな取引が可能なので、より効率的に利益が得られるというメリットがあります。