人の心が分かるようになるの?心理学を学びたい人に知ってもらいたいこと

心理学ってどんな学問なの?

心理学を勉強したいという人の中に、心理判定とか、深層心理を知る、というワードが好きな人も多いと思います。心理学は、「こういう時に人はこういう心理状態である」ことが分かるようになると思われがちなのです。もちろん心理学にそのような側面があることも確かです。しかし、イメージに反して心理学は座学が中心ではなく実験・観察を重要視する学問です。多くのサンプルを用意し記録をつけ観察を行い結果をレポートにして提出する、そういったことの繰り返しとなります。医学や生物学とアプローチは似ているけれども、そのなかで「人の心」という実態の見えないものを観察する学問と言えます。たくさんのデータの中から人の心の動き、ゆがみ、病理などを学んでいくのです。

大学で心理学を学びたい人へ

前述の通り、心理学は実験と観察とレポートが重要な学部であり、それに加えて結果を説明するために必要な知識を学んでいくことになります。心理テストや心理ゲームが好き、または人の相談にのることが多いから、という人が向いているかといったらそうとも言えません。必要なことは私情に惑わされず冷静に対象を観察することができるかどうかです。そこも踏まえたうえで自分に適性があるかどうかを考えてみましょう。

これからの時代、需要が出てくる学問

過労で鬱になる人、さまざまなストレスを抱えて体調を崩す人が多い時代。心理の専門家はこれからもっと必要になっていくでしょう。臨床心理士、産業カウンセラーなど、高度な知識をもった専門家の活躍の場は増えていくはずです。そういった分野で働きたい人、人と話すこと関わることが好きな人、その他心理学を学びたいと思っている方の参考になれば幸いです。

心理学の大学の中でも、専門的なカウンセラーの資格を取得するためのカリキュラムが組まれているところに人気があります。